SIVA・シヴァ




 

 

【創造・破壊・舞踊の王】

 


シヴァ(शिव, Śiva)は、ヒンドゥー教の

3最高神の一柱。

シヴァ神は破壊と創造を司る。

皮膚の色は青黒い色で、三日月の髪飾りを

した髪の毛は長く頭の上に巻いてあり、

裸に短い腰巻だけを纏った苦行者の姿で、

毒蛇のネックレスが特徴。またシヴァには

別名がたくさんありパシュパティ・

バイラヴァ・マハーデーヴァ・大黒天 

etc・・・

などがあります。その中の「舞踊の王」

という意味のナタラージャは、

シヴァの活動は強く激しく宇宙の律動と

つながって作用しているといわれ,

ナタラージャはそれを象徴的に表現したもの。

シヴァの踊りには 108のポーズがあり,

それらは9つの型に分類されるが,いずれも

宇宙の創造,維持,破壊,幻惑,解放

などのシヴァの機能を象徴するものと

されています。

 

 

 

 

>>Design Description
【デザインの意味辞典】へ戻る

 

 

 

ご案内
インフォメーション
お問い合わせ
料金表
タトゥーギャラリー
タトゥー意味辞典
タトゥーの種類
衛生面について
Q&A

 

 



Social tagging: > >

Comments are closed.