SANITARY


【衛生面について】

 

施術で使用する 針・インク・

インクキャップ・チューブ・紙コップ・

ラップ・ボールペン・手袋 等は、

完全に使い捨てとなっており、

針は滅菌処理後、医療用産業

廃棄物として処理します。

new_IMG_1822

グリップなどの使い捨てではない器具に

関しては、使用後に洗浄器具専用の

洗剤を使用し、目に見える汚れや

インクを落とした後、再び、

汚れを熱と超音波で洗浄する

超音波温熱洗浄器(ウルトラソニック)

で目に見えない器具の細部汚れを

落とします。

 

洗浄後、医療現場で使用されている

高温高圧滅菌機(オートクレーブ)を使用し、

器具を滅菌パックに入れ、高圧蒸気滅菌器

(オートクレーブ)にて滅菌処理します。

滅菌処理とは微生物を完全に除去し、

無菌状態にすることです。

 

滅菌後の器具は、滅菌パックに

入れた状態で、紫外線殺菌器

(ステリライザー)で、

保管しています。

そして、施術直前にお客様の前にて開封

致しまので、ご確認いただけます。

 

 

【機器の説明】

 

超音波温熱洗浄機(ウルトラソニック)

 

new_IMG_1805

 

超音波にて器具の細部汚れ

を落とす際に使用します。

 

 

高熱高圧滅菌器(オートクレーブ)

 

new_IMG_1835

 

ウルトラソニックの後、高熱高圧滅菌器

にて滅菌を行う際に使用します。

132℃で5分、WHO(世界保健機関)では、

121℃で20分滅菌することで、

HIV(エイズ)ウイルスなどあらゆる

病原菌に対して滅菌効果が発揮される

と言われています。

 

 

紫外線殺菌器(ステリライザー)

 

new_IMG_1818

 

滅菌器にかけられないマシーンヘッドや

滅菌後の器具の保管に使用します。

 

 

※見学相談無料・飛び込みOK
まずはお問い合わせください。

 

 

 

インフォメーション
ご案内
お問い合わせ
料金表
タトゥーギャラリー
タトゥー意味辞典
タトゥーの種類
Q&A

Comments are closed.