LILY・百合




 

 

【聖なる花・神の化身】

 


聖母マリアの純潔の象徴といわれている

百合は、権威や気高さの象徴ともいわれ、

西洋の貴族の紋章に使われることも

多かった。

日本では、百合の球根を薬用にして病を

治すのに使用されていたことから、

病からの復活を表す聖なる花・

神の化身ともされていました。

また花言葉では、白い百合は「純潔」

黄色い百合は「飾らぬ美」、

オニユリは「富と誇り」

などと言われています。

 

 

 

 

>>Design Description
【デザインの意味辞典】へ戻る

 

 

 

ご案内
インフォメーション
お問い合わせ
料金表
タトゥーギャラリー
タトゥー意味辞典
タトゥーの種類
衛生面について
Q&A

 

 



Social tagging: > > > >

Comments are closed.