Kind of Tattoo 【タトゥーの種類】






 

 

JAPANESE TRAIDITIONAL
【和彫り】

 

日本の刺青の歴史は、民族装飾や位を表したり、

町の火消や漁師の身元確認の為や、

刑罰の為などさまざまあり、

いろいろな表現で呼ばれていました。

また刺青の歴史は、縄文時代まで

さかのぼるともいわれ、刺青と

みられる模様を持った土偶も

存在しています。そんな中、

一般的に日本の伝統的な刺青は

江戸時代に完成されたと

言われています。

彫り物は町民たちの勇気や

生き様の証として好まれ歌舞伎

や武者絵、水滸伝などをモチーフ

にした絵柄が人気を集めていました。

 

 

OLD SCHOOL
【オールドスクール】

 

水夫のタトゥーを起源に持ち、

1940~1970年代に確率されたスタイル。

モチーフは航海に関係する碇や帆船、

キリスト教を象徴する十字架やハート、

他にも、星条旗や鷲、軍隊に関連する

ものがルーツとされています。

また 赤・緑・黄色・黒のインクしか

存在していなかった時代でもあり、

デザインにはシンプルな色使いの

ものが多く見られます。

セイラー・ジェリーを筆頭に、

ドン・エドハーディー、ボブ・ロバーツ

などの超有名タトゥーアーティストが

現在も多大な人気を誇っています。

 

 

NEW SCHOOL
【ニュースクール】

 

フラッシュワークがデザインの

主体であった中80年後半~90年の

アメリカで誕生したカスタムワーク

主流のスタイルです。カラフルな

コミカル調で、立体的な表現が特徴です。

また、キャラクターをアレンジしたものや、

アンダーグランドなもの大胆で独特の色彩

のデザインも多く見られます。現在では

当たり前となったアーティストが自由に

デザインを楽しむカスタムワークも

このジャンルの確立によって、新時代を

築く事ができたと言っても過言では

ありません。

 

 

TRIBAL 【トライバル】

 

元々はインディアン・ポリネシアン・

アフリカなどの部族間で伝承されてきた、

土着信仰に基づいて行われていた身体装飾

のひとつを表す言葉でしたが、

今では、本来の“部族的”という意味を

はなれ、“トライバル”というひとつの

スタイルになっています。

80年代末にモダンプリミティブ

(ボディーピアス・タトゥー・身体改造

などの部族社会の身体装飾文化に触発

されたムーブメント)の影響で黒や暗青色で

模様を彫るスタイルが欧米で広まり、

現代的にデザインされたトライバルが

誕生しました。またカラーインクを使用

したり、生き物をトライバル調にデザイン

したタトゥーは、ネオ・トライバルと

呼ばれています。

 

 

BLACK & GLAY
【ブラック&グレー】

 

ブラックインクとシェーディングによる

グレーの濃淡のみでタトゥーを表現

するスタイル。ポートレートもここから

派生したものだと言われています。

もともとは刑務所やギャングの間で

行われていたラインだけのタトゥーを

発展させたもので70年代半ばにタトゥー

の技術として高められていきました。

また絵画の技術を活かして絵柄を表現

する際にシェーディングで黒の濃淡で

写実的表現を生み出したとして

ポール・ブースが注目されていた

時代もありました。

 

 



 

 

 

 

FINE LINE 【ファインライン】

 

アウトラインをあまり使わずに、

毛並や植物の葉脈などを繊細で

リアルなラインで仕上げるスタイルです。

モチーフを写実的に描きデッサンの様に

立体的に質感を表現する技法は、古くから

美術文化が発達していたヨーロッパ周辺で

発展したタトゥーの技法とも言われ、

高いデッサン力に加え技術も必要な

ジャンルとされています。

 

 

ORIENTAL 【オリエンタル】

 

東洋風を意味しているオリエンタル。

タトゥーではインドやチベット・タイなどの

ヘナやレリーフなどの文化をモチーフと

したものを指します。

以前は、日本的なモチーフもオリエンタルと

されていましたが近年では、日本のタトゥー

がデザイン・技術ともに特殊な技法を持つ

という理解が深まり、区別されるように

なってきました。

 

 

PORTRAIT 【ポートレート】

 

憧れのスターや偉人・家族・ペットなどを

写真のようにリアルなタッチで肌に

再現するスタイルです。

画家であったタトゥーアーティスト、

ブライアン・ベレットが写真を忠実に

再現した事が始まりとも言われています。

ブラック&グレーがメイですが、カラー

で描かれる事もありその場合、

カラーポートレートと呼ばれています。

 

 

NEO TRAIDITIONAL
【ネオ トラディショナル】

 

昔の水夫に好まれていた絵柄をもとに、

最新の技術を取り入れ今風に

アレンジを加えたスタイルです。

オールドスクールのように赤・緑・

黄色・黒のインクだけではなく、

さまざまなカラーを使い

モチーフもデフォルメされています。

ドン・エドハーディー、ボブ・ロバーツ

などが第一人者と言われています。

 

 

JAPANESE STYLE
【ジャパニーズスタイル】

 

日本伝統刺青に欧米の美術表現を

融合したスタイルです。

90年代初頭にスイスのタトゥーアーティスト、

フリップルーがこのスタイルを確立しました。

ジャパニーズスタイルの特徴は日本画や花鳥画

などの日本古来のモチーフがポップに

描かれています。

 

 

BIO MECHANICAL 【バイオメカ】

 

機会と身体の融合という意味を持ち、

肌の一部を機械の様に描くスタイルです。

80年代にエーリアンをデザインした

H.G.ギーガーの影響を受け、タトゥーの

ジャンルとして確立されました。そして

90年代後半、シカゴのタトゥーアーティスト、

ガイ・アーチスンが絵柄に色を使って金属的

な光沢を使用したことで、よりリアルな従来

のタトゥーとは異なる質感のバイオメカタトゥー

を誕生させたことで、世界に多大な影響を

あたえました。

 

 

インフォメーション
ご案内
お問い合わせ
料金表
タトゥーギャラリー
タトゥー意味辞典
衛生面について
Q&A

 

 




Social tagging: > > > > > > > > > > >

Comments are closed.