CROSS・十字架




 

 

【復活・命・安定性・力】

 


十字架はイエスキリストが磔刑に処されたときの

刑具と伝えられ、受難の象徴・死に対する勝利のしるし、

復活の象徴とされています。

もともと、十字架の形をシンボルとして用いた起源は

古く旧石器時代で、太陽や、地水火風という4元素などを

表わしていました。縦と横の交わる形は、

天と地を結ぶとこを意味し、生きる力の象徴ともされています。

 

 

 

 

>>Design Description 【デザインの意味辞典】へ戻る

 

 

 

 

Social tagging: > > >

Comments are closed.